Thursday, January 25, 2007

「福岡と言えばモツ鍋」

普通、モツ鍋といいますと大抵は「しょうゆベース」か「みそベース」というのが一般的らしいのです。
これは、そのどちらでもないあっさりとした、鶏がらベース?のようなものなんですね。
で、そのまま頂くのではなく、酢ダレに付けて食すのですが、これがもーうまい!
調味料もいいのですが、モツ自体がうまいんです。やわらかくて。
かるーく二~三人前はいけます!

終盤になりますと、店員さんが絶妙なタイミングで「麺はどうされます?」と来ます。

最初はなんの事か分からないので聞いてみたら「ちゃんぽん麺です」って。

ははーん、あの黄色のパッケージの(イトメン)やつねと思っていたら、

ちがいました。ほんとの長崎ちゃんぽんに入っている、あの麺でした。

上のは「柚子ごま胡椒」なんです。

ほんでもって、スープがなくなるくらいまで煮込んで、これをズズッーと

例の酢ダレに付けて食すのですが、これがまた行けるのですよ!

こんなんは「福岡でもめずらしい」と博多の人が言ってました。

これが、お店の構え。

ここは博多のケゴってところです。

やっぱしこんだけうまいので博多の薬院ってところと

大阪の心斎橋

東京の恵比寿にも支店があるそうで、地方発送もやってます。

試す価値ありです。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home